Pocket

毛穴の黒ずみケアは自宅での簡単スキンケアで解消できる!

毛穴の黒ずみは気になりますよね。
特に鼻の毛穴の黒ずみはとても目立ちます。
オイリー肌だからと諦めている人もいるようですが、毛穴が黒ずむ原因は皮脂だけとは限りません。
毛穴が黒ずむ原因を知り、毎日のケアを正しく行うことで毛穴の黒ずみは改善できます。
肌に合った化粧品で正しいスキンケアを行うことで、毛穴の黒ずみを徹底ケアしましょう。

鼻の毛穴の黒ずみの正体は角栓!原因は?

鼻の毛穴が黒ずむのは、毛穴に詰まった皮脂や古い角質が時間経過することで酸化して黒くなるからです。
皮脂は肌が乾燥しないように分泌されていますが、過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まる原因となります。
逆に肌が乾燥している状態でも毛穴が黒ずむ原因になることがあります。
これは肌の表面は皮脂があり脂っぽくても、肌内部が乾燥している「インナードライ」と呼ばれる状態であることが原因です。
インナードライだと、肌内部の乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
また、頬などの皮膚と比べて鼻の皮膚は柔軟性がなく硬いのも、毛穴が詰まりやすい原因のひとつです。
鼻の皮膚は、うるおいを留めておく力が弱いため、皮膚が硬くなり毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴の黒ずみは正しい洗顔方法でケア!

毛穴の黒ずみは、洗顔により汚れをしっかり落とすことが重要です。
正しい洗顔方法をご紹介します。

1. クレンジング剤でメイク汚れをしっかり落とす

洗顔する前にクレンジング剤でメイク汚れをしっかり落としましょう。
下地やファンデーションは油分が多く、特に毛穴カバー効果のあるものを使用していると、毛穴に入り込んでいることがあります。
クレンジング剤を使用して、毛穴の奥まで汚れを落とすようにしましょう。

2. ホットタオルで毛穴を開かせる

クレンジング後にホットタオルで毛穴を開かせます。
電子レンジを利用してホットタオルを作っておきます。クレンジング後の鼻にホットタオルを1分ほど載せて毛穴を開きます。
また、ホットタオルにより、鼻の皮膚をやわらかくすることが可能です。

3. しっかり泡立てた洗顔料で洗う

クレンジング剤を洗い流し、濡れている状態の顔に泡立てた洗顔料を載せます。
指や手で鼻や小鼻を強くこすらないように、やさしく泡でマッサージするように洗うようにしましょう。

4. ぬるま湯で丁寧に洗い流す

ぬるま湯で洗顔料を洗い流します。
特に小鼻には洗顔料が残ってしまうことが多いので、洗い残しに注意してください。
全体を洗い流せたと思ったら、もう一度、鼻、小鼻を洗い流すのがポイントです。

洗顔後のスキンケアも毛穴の黒ずみに効果的

スキンケアによる黒ずみ対策の効果

毎日のスキンケアに黒ずみ対策を取り入れることで、毛穴の黒ずみを少しずつ改善する効果が期待できます。
温かいホットタオルなどで毛穴を開かせることで、通常では落としきれない毛穴の汚れを落とすことができます。
また、開いた毛穴は閉じないとまた汚れが入り込んでしまうので、スキンケアにより毛穴を締めてあげましょう。

毛穴の黒ずみは化粧品選びもポイント!

化粧品を選ぶ際には
肌診断を受け、自分の肌の状態を把握することが大切です。
自分はオイリー肌だと思っている人でも、実は肌内部が乾燥しているインナードライな状態のため、肌表面に皮脂が浮いていることもあるのです。
また、若い頃はオイリー肌でも年齢を重ねると、ほとんどの人が乾燥になっていきます。これは女性ホルモンの減少が原因です。

今の肌状態を見極め、肌に合った化粧品を選ぶことが重要です。

毛穴の黒ずみケアにおすすめの市販化粧品は?

毛穴の黒ずみにおすすめなのが、酵素配合の洗顔料です。
週に1度程度の酵素洗顔で毛穴に詰まった古い角質を洗い流しましょう。
酵素は油分とたんぱく質を分解する力があります。角質は70%がたんぱく質でできていますので、酵素の力で毛穴に詰まった古い角質を分解し洗い流します。

毛穴の黒ずみケアに必要な保湿には、セラミドやヒアルロン酸など高い保湿効果をもつ成分が有効です。セラミドなどが配合された化粧水や乳液、クリームを使うと良いでしょう。

食生活を見直すことも大切

毛穴が黒ずむ原因に皮脂の過剰分泌があります。
皮脂の過剰分泌は食生活によっても起こります。
特に、油ものや甘いものは皮脂を過剰に分泌させる原因です。
バター、ラード、牛脂などに多く含まれる「飽和脂肪酸」は、皮脂腺を詰まらせることもあります。市販のおかしには、糖分だけではなく脂肪、脂質が多く含まれています。
脂肪・脂質を摂りすぎると、皮脂を過剰に分泌してしまうので、食べ過ぎに注意しましょう。

頑固な毛穴の黒ずみは皮膚科で治療も可能

長年、毛穴の黒ずみに悩んでいる人は皮膚科を受診するのも良いでしょう。
慢性的に毛穴がつまり黒ずみを起こしている場合には、日常のケアでは取り除くことが難しいこともあります。

皮膚科では特殊な薬を塗り毛穴の詰まりを溶かし除去する「角栓吸引」や「毛穴レーザー」「ケミカルピーリング」などの治療法があります。

毛穴パックでのケアは要注意!黒ずみが悪化するかも

角栓がよく取れることで人気の毛穴パック、しかし、この毛穴パックが逆に毛穴開きを悪化させ、黒ずみの原因になることがあります。

角栓が取れたあとの毛穴は開いたままになっています。この毛穴が自然にピッタリ閉じるのは若いうちだけです。

パック後にきちんとケアをして毛穴を締めないと、毛穴の開きはさらに進行してしまいます。

スッキリ角栓が取れて気持ち良い鼻パックは出来るだけ避け、やるとしても週に1回程度にしておきましょう。
また、パックを行ったら、後のケアは必ず行って、毛穴を締めることを忘れないでください。

毛穴の黒ずみは正しいスキンケアで改善しましょう

毛穴の黒ずみは皮脂と保湿のバランスが重要です。
皮脂は本来肌を守る役割をしているので、取りすぎるケアも良くありません。
肌内部からの保湿を心がけ、油分の多い食べ物は控えるなどすることで改善が期待できます。