Pocket

オロナインを使ったイチゴ鼻の治し方

イチゴ鼻を改善できると人気がある方法に、オロナインを使った方法があります。
オロナイン軟膏は様々な肌の症状に効果があり、万能薬としても知られ、気になるイチゴ肌にも効果があると最近注目されています。
イチゴ鼻の原因となっている皮脂と古い角質が混ざった角栓は、無理やり取り除くと肌にダメージを与えやすく、鼻パックを使っても上手く取り除けないという人もいるのではないでしょうか。
しかし、このオロナインを塗った後に鼻パックすると驚くほど角栓がとれると評判になっています。
オロナインに配合されている成分によって角栓が柔らかくなり、何もせずに鼻パックするよりも多くの角栓が取り除けるようになり、毛穴の黒ずみなどの毛穴ケアをすることができます。

塗るだけじゃない!オロナインのすごい使い方!

オロナインはイチゴ鼻に効果があることで人気となっているのですが、そのほかにも様々な使い方ができるようです。
普段使っている化粧水とオロナインを混ぜることで肌荒れ改善が期待できますし、この化粧水とオロナインを混ぜた水を髪につければ髪がサラサラになる効果もあると言われています。
その他にも、ニキビ薬として、おへその掃除、顔痩せ効果やわきの臭い予防にと、様々な場面で活躍してくれます。
オロナインは肌ケアだけでなく、臭いやヘアケアなどにも利用でき、これからは若い人にもさらに人気を集める商品となっていくかもしれません。

イチゴ鼻を治す鼻パックの方法

人気のオロナインパックの方法としては、まずオロナインを鼻にたっぷりと塗ります。
そのままの状態で10~15分放置します。
その後オロナインを綺麗に洗い流すのですが、ここでしっかりと洗い流すのが重要です。
オロナインは油分が多く、綺麗に洗い流さないとその後の毛穴パックがしっかりと貼れなくなります。
水よりもお湯を使うとしっかりと洗い流すことができます。
その後に市販されている毛穴パックを使うと、いつも以上に毛穴に詰まっていた角栓をごっそりと取り除くことができます。
一度体験すると病みつきになってしまう人もいるようですが、頻繁に使用すると肌を痛めることから頻度には注意が必要です。

オロナインパックを使った効果的なイチゴ鼻の治し方

オロナインパックをするときには毛穴を開かせるとさらに効果的です。
手軽に毛穴を開かせる方法として蒸しタオルがあります。
蒸しタオルが冷えるまでの30~1分程度あてるだけで、効果が違ってきます。
蒸しタオルと聞くと作るのが面倒と思う人もいるかもしれませんが、電子レンジがあれば簡単に作ることができます。
水で濡らしたタオルを電子レンジに入れて、500~600Wで30秒すれば簡単に蒸しタオルを簡単に作ることができます。
また、オロナインを塗った後に、サランラップなどで塗った場所にフタをすることでさらに効果アップします。

オロナインパックはお風呂上りとお風呂前どっちがいい?

お風呂に入れば、蒸しタオルなどを使わなくても毛穴が開き有効なケアができるのではないかと思う人も多いでしょう。
毛穴パックを使わず、オロナインだけを使ったパックならお風呂上りが有効な方法です。
しかし、市販の毛穴パックを使う場合では、入浴前の方が有効なケアとなります。
その理由としては、お風呂上りは汗をかきやすく、毛穴パックの密着度が低下するためです。
市販の毛穴パックを使って角栓を取り除きたいという時は、蒸しタオルを使って適度に毛穴を開いた状態でオロナインを使ったケアをした方が毛穴パックの効果も高いと考えられます。

オロナインパックは有効な方法なのですが注意点もいくつかあります。
オロナインは肌ケアの万能薬と知られていますが、どんな肌の状態でも使えるというものではありません。
そのため、オロナインを使う時は、しっかりと使用上の注意を確認してから使うことが大切です。
また、蒸しタオルを使って毛穴を開く場合では、蒸しタオルの温度に注意しましょう。
蒸しタオルは意外に早く冷めてしまうことから、作ってすぐに使いたいところですが、熱すぎると火傷をしてしまうこともあります。
しっかりと肌の状態を確認したり、蒸しタオルを使う時には温度に注意をして、安全なケアをしていきましょう。

オロナインでイチゴ鼻を治す際の注意点

皮膚炎や湿疹、虫刺されがある時は控える

オロナインの効能は、ニキビや吹き出物、火傷やあかぎれ、水虫など多岐にわたり、万能薬として使えます。
ただ、使用上の注意を確認すると、湿疹や皮膚炎、虫刺されには使用を控えるようにとされています。
このことからも、オロナインを使う時には肌の状態をしっかりと確認して、肌の状態が万全の時に使うのが安全と考えられます。
イチゴ鼻が気になるからと、肌の状態が悪いのに無理にケアすることで、肌が痛みシミなどの原因になることも考えられ、さらに別の症状を引き起こしたのでは意味がありません。
まずはオロナインを使う前に、しっかりと使用上の注意点を確認することが大切です。

回数は多くても週に1度

普通に鼻パックするよりも多くの角栓が取り除けることから何度もしたくなるのですが、頻度が多いと毛穴を痛める原因にもなります。
肌にダメージをあたえることにより、皮膚が固くなってしまう可能性もあることから、できるだけ肌にダメージを与えないようなケアをしていくことが大切です。
また、毛穴パックをした時に、鼻がヒリヒリすると感じたことがある人も多いのではないでしょうか。
この症状が出る人は、鼻パックによって角栓だけでなく、皮膚もはがしてしまっている可能性があります。
鼻パックは意外に肌へのダメージが大きいことから、回数は多くても週1回程度にすることが大切です。

パックをした後は保湿に注意!

オロナインパックはとても有効ですが、肌への負担が大きいのも事実です。
そのため、このケアをした後はしっかりと肌をいたわってあげましょう。
パックをした後はスキンケアでは大切な化粧水や美容液などを使ってしっかりと保湿をするようにして、肌をいたわることで肌トラブルも避けられ、効果的なケアとなります。
ただ角栓だけを取り除いたとしても、肌サイクルが乱れているのならまた同じ状態になります。
角栓ケアもしながら肌サイクルを整えるケアを続けていくことで、徐々に効果を実感できるようになります。
ケア後に、収れん作用のある化粧水などを使うと毛穴引き締め効果も得られ、時間をかけてゆっくりとケアしていくことがセルフケアでのコツです。

オロナインパックでイチゴ鼻が改善した人の体験談

体験談を見ると、鼻の毛穴がすごいので続けてやっているという人の声がありました。
最近オロナインパックが話題となっていることで試したようですが、少しずつ目立たなくなっている気がするとのことでした。
その他にも、オロナインパックをして数か月後には毛穴が薄くなったという声もあります。
このように、時間はかかるようですが、少しずつ実感しているという声を多く見ることができました。
美容クリニックなどの施術とは違い、セルフケアは効果を実感するまでには時間はかかりますが、費用も安く、時間をかければ徐々に効果を確認することができます。