Pocket

毛穴トラブルに悩んでいる中、よくみるといちご鼻や開いた毛穴から毛が生えている!なんてことが起こります。
そんな時、毛を抜いていいのか、抜いたら症状が悪化するのではないか、わかりませんよね。
そこで今回は、毛穴トラブルが起こっている毛穴から生えてきた「毛」について解説します。

鼻の黒ずみは黒色の産毛が原因の場合も

鼻の黒ずみの原因のほとんどは皮脂、古くなった角質が混ざり合って生成される角栓が酸化したものです。お手入れは食生活、正しい洗顔、スキンケアなどを通じて肌の再生化を促すことが重要です。

この角栓が原因で鼻に黒ずみがある人は、ほとんどの場合で触ったときにザラザラしている特徴があります。
これは角栓の先端が突き出ているためにザラザラした感触になっているのです。

これとは対照的に、黒ずみができているにも関わらずザラザラした感触がないタイプのかたもいます。
このような場合、角栓が原因ではなく、他の原因で黒ずみができている可能性があります。

その原因のひとつが「産毛」です。

この産毛が原因で黒ずみに見えてしまう場合があります。
黒ずみケアにおいては、まず黒ずみの原因を突き止めることが必要で、ご自身の鼻を触って、さらに鏡でも確認してみることをおすすめします。

短いのに濃い色をしているから目立ってしまう産毛

どうして産毛が原因になるのかと感じる人もいると思いますが、鏡で鼻周辺の産毛を確認してみるとよくわかります。
顔全体の産毛とは異なり、毛そのものが短いのに、濃い黒色をした産毛が生えているのがわかると思います。

産毛とは言え、濃い黒色の毛が生えているので、遠く離れたところから見て、黒ずみのように見えてしまうのです。
日常的にはメイクのお陰で上手に隠せていたとしても、素肌だと目立つようになります。
しかし、肌のサイクルが悪いときに出来る黒ずみとは違って、産毛の場合は脱毛することで解決することが可能です。
このような症状の人は、一度脱毛することをおすすめします。

鼻パックでは産毛はすべては抜けない

鼻パックを使っている人は、このような産毛の存在に気がつくことがあると思います。
鼻パックの後は、シートに角栓だけでなく産毛も抜けいて、それらの産毛は思いのほかに濃い黒色をしているというのがわかります。
日常的に鼻パックをしている人は、鼻パックさえすれば角栓も産毛が取り除けるので便利だと思うかもしれません。
しかし、鼻パックを使っても産毛はすべて抜けるわけではありません。やはり、産毛には産毛に対応した専用の対策が必要です。
さらに、鼻パックは手軽ではあるものの、肌へのダメージが大きいため、使いすぎると、肌の再生化がうまくいかずに角栓ができてしまい、その結果、さらに黒ずみが増えてしまう可能性があります。

鼻の黒ずみの原因、産毛の処理の仕方

産毛が黒ずみの原因になっている人は、産毛をどのようにして手入れすればいいかを考える必要があります。
産毛の処理方法は大きく分類すると、プロに依頼するか自分で処理するかのふたつになります。
プロに任せる場合は、エステサロン、クリニックで脱毛、理容室でシェービングなどがよく使われる方法です。自分で処理する場合は、毛抜き、シェバー、抑毛ジェルなどが一般的です。
これらの処理方法にはメリット、デメリットがあり、まず始めにそれぞれの処理方法のメリット、デメリットをしっかり確認してから、産毛処理に取りかかりましょう。それぞれの処理方法を理解しないままに取りかかると、後悔してしまう結果になる場合もあります。

普通に生えている産毛は毛抜きやシェーバーで脱毛可能?

普通に生えている産毛の場合は、毛抜きやシェーバーを使って処理が可能です。
カミソリで処理する方法もありますが、鼻の形によってはお肌を傷つけてしまう場合もあり、鼻には目に見えないデコボコの穴があるため、カミソリではなかなか簡単には処理できません。
毛抜きを使う場合は、気になったときに手軽に処理が可能です。シェーバーを使う場合は鼻全体の産毛を短時間で処理することが可能です。
このようにカミソリ以外の方法であれば、自分で処理する場合でも手軽におこなうことができます。
産毛がなくなるだけで、これまで気になっていた黒ずみが解消されるケースもあり、鼻の黒ずみが気になっている人は、まずは手軽に始められる自分での産毛処理を試してみるといいでしょう。

自分では処理できない埋没した産毛

他人の目を気にすることなく出来るのがメリットでもある自己処理ですが、やはりデメリットもあります。
なかでも毛抜きを使った処理は注意が必要です。
強引に毛を抜いてしまうことで皮膚がダメージを受けて、その結果、かさぶたができてしまいます。そのかさぶたが蓋になって皮膚の下で産毛が伸びてしまいそのまま埋没することがあります。
このように埋没した毛が表面から透けて見えてしまうことで、これまで以上に目立つ場合もあります。
さらに、毛を抜く際に皮膚を刺激し、メラニンを増やしてしまいそのメラニン色素が原因で黒ずみが出来てしまうこともあります。

毛抜きやシェーバーでも限界がある産毛処理

毛抜きやシェーバーでの産毛処理は、気軽であることがメリットですが、毛が埋没するデメリットもあるため、かえって脱毛しずらくなると思う人もいるでしょう。
やはり鼻は複雑な形をしているため、簡単には処理できず、剃り残しも起きてしまいます。
そのため、何度も毛抜きを使って脱毛しようとして肌に負担を与えてしまいます。
鼻の産毛はとても短く、毛抜きでは掴めず限界があります。
先が尖った毛抜きで抜こうとすると、つい指で鼻に力を入れてしまい、これが肌を傷つける原因になることもあります。
鼻の産毛を自分で処理する場合はこれらに注意しましょう。

フェイシャルケアで上手に脱毛!

産毛を自分で処理するのが難しいと思う人は、思い切ってプロに任せるという方法もあります。脱毛はエステサロンやクリニックが専門と考えてしまうかもしれませんが、いつも利用しているような理容室でもフェイシャルケアコースなどで顔の産毛剃りをしてくれる場所もあります。
プロによるシェービングは、鼻の産毛だけでなく、剃り残しなく顔全体の産毛を綺麗にしてくれます。なにより安心してお願いでき、埋没毛などの心配もなくなります。
さらにクリニックで永久脱毛をすれば、産毛による黒ずみで悩む心配が解消されます。
自己処理は手軽にできるものの、安全性などを考慮するとプロに任せることもおすすめです。

抑毛ジェルを有効に使う

カミソリ、毛抜き、シェーバーで産毛処理するのはなかなか難しいものです。
難しいものの、人の目を気にすることなく、自分の都合で処理できるというのはひとつのメリットです。
そんな自己処理のなかでも「抑毛ジェル」はおすすめです。
抑毛ジェルであれば塗るだけという手軽さで、カミソリのように肌を傷つける心配もありません。そして埋没毛も気にしなくて済みます。
抑毛ジェルの成分によっては、肌に負担をかけてしまうと懸念する人もいると思います。
しかし、市販されている抑毛ジェルのなかには、子どもにも安心して使える抑毛ジェルもあり、肌に優しい商品も販売されています。

抑毛の結果、鼻の黒ずみを解消した経験談

クリニックで脱毛処理を受け、いちご鼻を卒業したという声を聞くことができました。そのかたは小鼻脱毛をしてくれるクリニックを探したものの、なかなか出会えなかったようです。
なぜなら、クリニックやエステサロンはデコボコしている鼻はレーザー光が照射しづらく、高度な技術が必要なため施術しない傾向があるためです。
しかし、あるクリニックを見つけ施術を受けたところ、1回の施術でいちご鼻が解消されたらしく、その効果の高さに驚いたそうです。
クリニックなどで永久脱毛をする場合は複数回の施術が必要ですが、いちご鼻の解消であれば1回の施術で効果が見込めるようです。