Pocket

鼻 毛穴 毛,いちご鼻 毛が生えてる
「鼻の毛がブツブツに見えていちご鼻になっている」
「この毛を抜いたらいちご鼻が悪化しないか不安」
「いちご鼻の原因って毛穴の汚れじゃないの?」

このような悩みを抱えていると思います。

でも安心してください!
いちご鼻の毛穴から生えている毛は自分で対処することができるんです!

しかし、毛の処理方法を間違えてしまうと今より状態が悪化するかもしれません・・・。
そうならないためにも、いちご鼻から生えている毛の正体を知り、正しい処理方法を行う必要があります!

そこでこのページでは、いちご鼻から生えている毛の『正しい対処法』や『NG処理方法』について詳しくご紹介します。

さらに、『おすすめの化粧品』や『いちご鼻が目立ちにくなる方法』についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を読んで、あなたの不安が少しでも解消されることを願っています。

鼻の毛穴から生えている毛の正体は「産毛」

いちご鼻とは、鼻の毛穴が黒くなってしまい、その黒い毛穴のブツブツが『まるでいちごのよう』に見えてしまう鼻のことです。

「黒くなるのは、毛穴に詰まった汚れが原因なんでしょ?」

そう思った方・・・その通りです!

皮脂や古くなった角質が混ざり合ってできた『汚れ』が毛穴にたまっていきます。
その汚れを『角栓』といい、時間が経つにつれてこの角栓が黒ずんでしまいます。

この黒ずんだ角栓が原因でいちご鼻になってしまうのです。

でも実は、毛穴が黒く見える原因はもうひとつあります。

それが『産毛』です!

毛穴に生えた『短くて濃い毛』が黒く見えて、いちご鼻の原因になってしまいます。

さらに、この産毛を放っておくと毛穴の中に埋没してしてしまい、余計にいちご鼻が目立つことになるので、できるだけ早い処理が必要です。

しかし、焦りは禁物です!
毛抜きや鼻パックなど、間違えた方法で処理してしまうと、毛は処理できてもいちご鼻を改善するどころか悪化してしまう原因となってしまいます。

これらの方法は、無理やり毛穴を広げて産毛を取るので肌へのダメージが大きく、広がってしまった毛穴に汚れがたまりやすくなります。

つまり、一時的に『産毛』が原因のいちご鼻は解消できても、いずれ『角栓によるいちご鼻』を引き起こしてしまうということです!

それでは本当にいちご鼻を治したということにはならないですよね。

ではどのようにして産毛を取ればいいのかというと、
スキンケアにより肌環境を整えて、自然に産毛が抜ける環境にしてあげることが、肌にも負担をかけずいちご鼻も改善できます。

それでは、ここから『いちご鼻から生えている毛をなくす正しい方法』を解説していきます。

いちご鼻から生えている毛をなくす3ステップ

いちご鼻の産毛をなくす方法は、以下の3つのステップに分けられます。

  1. ホットクレンジングで鼻の角栓ケア
  2. 洗顔で汚れを残さず除去する肌のケア
  3. スキンケアで毛穴を締める毛穴のケア

流れとしてはまず、毛穴に詰まっている『角栓のケア』を行います。(ステップ1)

そして、鼻全体の『肌のケア』を汚れをたまりにくくし(ステップ2)、最後に毛穴を引き締めることでいちご鼻の予防をする『毛穴のケア』(ステップ3)をしていきます。

どれも簡単にできるので本当にオススメですよ♪
それではひとつずつ見ていきましょう!

1. ホットクレンジングで鼻の角栓ケア

ホットクレンジングとは、発熱する成分が入っているクレンジング剤で洗顔をすることです。

温めながらクレンジングをすることで、硬くなった肌の表面を柔らかくして『自然に毛穴を広げる』ことができるのです!

毛抜きや鼻パックで無理やり毛穴を広げてしまうのではなく、肌を温めることでじんわり毛穴を広げることができるで、肌や毛穴への負担を最小限に抑えることができるのです。

ホットクレンジングの温感作用で自然に毛穴を広げた場合は、肌が平温なった時にはしっかり毛穴がもとに戻るので安心してくださいね♪

この点が『毛抜きや鼻パック』と『ホットクレンジング』の大きな違いです!

毛穴をじんわり広げて角栓を取り除いたあとに、毛穴の奥にある産毛を毛根から取り除いていきます。
肌に負担をかけず『自然に産毛が抜ける環境』をつくっていくため、産毛が抜けるまでに数日はこのステップ1を続ける必要があるということは覚えておいてください。

ホットクレンジングのおすすめは「マナラホットクレンジングゲル」

マナラホットクレンジングゲル
いちご鼻にとってはまさに救世主と言えるホットクレンジング。
このホットクレンジングの中でも特にオススメなのが『マナラホットクレンジングゲル』です。

マナラホットクレンジングゲルは、汚れを落としたあとに91.4%の美容液成分を浸透させるので、クレンジングをすれば汚れを落とすだけでなく『肌の透明感』や『うるおい』のアップが期待できるんですよ♪

他にも、このマナラホットクレンジングゲルは、

  • 着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

といった肌に刺激が強い成分は含まれていないので、敏感肌の方でも安心して使えるのもありがたいですよね。

TCPマーケティングリサーチの調査では、5年連続クレンジングゲル部門1位と大人気の商品なので、早くいちご鼻を治したいという方は迷わず『マナラホットクレンジングゲル』を試してみることをオススメします!

マナラについて詳しく見る

2.洗顔で汚れを残さず除去

自然に産毛を取り除いたあとは、産毛が抜けることでできた『毛穴の空洞部分』をケアする必要があります。

そのケア方法として、

  • 汚れ自体をなくして毛穴に汚れが入らないようにする方法
  • 汚れが入らないように毛穴を引き締める方法

があるのですが、2のステップでは『汚れ自体をなくしていこう!』というステップです。

汚れ自体をなくすのは『洗顔』が効果的です!
洗顔をして汚れを落とし、そして汚れがたまりにくい肌環境をつくることで、『角栓によるいちご鼻』が起きるのを防げます。

水での洗顔でも効果はありますが、『肌環境を整える成分』が入った洗顔料を使用するとより効果的ですよ♪

洗顔料の中でも特にオススメなのが『ビーグレン クレイウォッシュ』です!

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュ
ビーグレンのクレイウォッシュは、洗顔の中でも珍しい「吸着洗顔」です。

クレイウォッシュには天然の『モンモリロナイト』という火山灰の成分が含まれており、このモンモリロナイトには高い吸着力があるため、肌にある汚れを吸い寄せながら取り除くことができます。
そのため、ゴシゴシ強く洗顔しなくても汚れを取ることが可能なのです。

さらに、肌の水分・皮脂量を調節して、不要な皮脂のみ取り除くことができるので、洗顔後もうるおいを肌に残すことができるのが、クレイウォッシュのポイントです。

ビーグレンクレイウォッシュについて詳しく見る

3. スキンケアで毛穴を締める

ステップ3では、『汚れが入らないように毛穴を引き締めていく』手入れをしていきます。
たとえ肌に汚れがあったとしても、毛穴を引き締めて汚れが入りにくくしておけば怖いものナシですよね!

毛穴を引き締めるためには、化粧水で保湿するだけでなく、引き締め効果のある成分が含まれている美容液を使用して軽くマッサージをするのが効果的です。

毛穴ケアにおすすめの化粧品は「ビーグレン 毛穴ケア」

毛穴のケアにおすすめなのが『ビーグレン 毛穴ケア』のセットです!

ビーグレン毛穴ケアは、先ほど紹介したクレイウォッシュに加えて、化粧水『Qusomeローション』、美容液『Cセラム』、保湿クリーム「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」の4点セットです。

QuSomeローション

QuSomeローション
QuSomeローションは洗顔後の化粧水として使えば、肌にうるおいを保ち続けてくれる優れものです。

多くの化粧水に『保湿成分』が含まれていますが、その有効成分が肌の奥にまで浸透せず十分に効果が発揮できないことがあります。
でもこのQuSomeローションは、有効成分を極小さのカプセルに閉じ込める『QuSome』というビーグレン独自の技術で、肌の奥にまで届けることができるんです。

せっかくの保湿成分も浸透しなければ意味がないので、乾燥肌や肌にうるおいが足りないと思っている方におすすめです。

Cセラム

Cセラム
Cセラムには、毛穴を引き締める効果のある『ビタミンC』が配合されています。
しかもCセラムに含まれているのは『ピュアビタミンC』というより高濃度のビタミンCなのでオススメですよ!

Cセラムにも、ビーグレン独自の技術『QuSome』が使われているので肌のすみずみまで浸透するので安心です♪

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

QuSomeモイスチャーゲルクリーム
化粧水で保湿し、美容液で毛穴引き締めに有効な成分を浸透させた後は、保湿クリームでしっかりとフタをして、有効成分を肌内部に持続させましょう。

QuSomeモイスチャーゲルクリームは、有効成分を閉じ込めるだけでなく、保湿成分も含まれているため、より高い保湿効果が期待できます。

ステップ2とステップ3で紹介したオススメ化粧品は、ビーグレンの毛穴ケアセットに含まれています。

ビーグレンの毛穴ケアセット

気になった方は、WEB限定のトライアルセットでのお試しが便利です。
通常と同様のアイテムが7日分のミニチュアサイズでセットになって、1800円+税とお手頃価格で購入できます。

この機会に是非、ビーグレンの毛穴ケアをお試しください。

ビーグレン毛穴ケアについて詳しく見る


さて、以上の3つのステップが、毛穴に生えた産毛といちご鼻を解消するための方法です。
以下でまとめているので、もう一度チェックしておきましょう!

  1. ホットクレンジングで鼻の角栓ケア
  2. ホットクレンジングで毛穴をじんわり広げつつ角栓を取り、自然と毛が抜けるようにする『角栓のケア』

  3. 洗顔で汚れを残さず除去
  4. 洗顔で鼻全体の汚れを取り除き、角栓のもととなる皮脂や角質が肌に残らないようにする『肌のケア』

  5. スキンケアで毛穴を締める
  6. 毛穴を引き締めて、汚れが毛穴につまらないようにする『毛穴のケア』

この3ステップを毎日続けることで、肌が改善され、いちご鼻も徐々に改善されていくでしょう。

すぐに毛を処理するなら電気シェーバー

前述した方法を試しても、すぐに産毛が無くなるわけではありません。
そのため、どうしても今すぐ毛穴を処理したいという方は、『電気シェーバー』の利用をおすすめします。

電気シェーバーは、刃が肌に直接触れないため、肌への負担を最小限にして毛を剃ることが可能です。
しかし、肌から出ている毛先の部分だけを剃ることになるので、毛根から毛を取り除くわけではありません。

そのため、一時的に目立たなくすることはできますが、またすぐに生えてきてしまうということは忘れないでくださいね。

ご紹介した3ステップでのケアを行いつつ、気になった部分は電気シェーバーで目立たなくしながら、産毛によるいちご鼻の改善を行いましょう!

自己処理する際は注意!やってはいけないNG処理

鼻 毛穴 毛,いちご鼻 毛が生えてる
ここまで、産毛によるいちご鼻の治し方をご紹介してきましたが、ここからは自己処理の際にやってはいけないNG処理方法をお伝えしていきます。
NG処理方法は以下の4つです。

  • 毛抜き
  • 鼻パック
  • カミソリ
  • 除毛クリーム

これらのNG処理方法に共通しているのは『即効性はあるが効果は一時的で、今よりも状態が悪化する可能性が高い』ということです。

毛抜き

毛抜きで毛を抜く場合、毛穴が黒く見える原因となる『毛そのもの』を抜くため、一時的には毛穴の黒ずみは解消されます。

しかし、無理やり毛穴を広げて毛を抜くことになり、その広がった毛穴に汚れがたまることで『角栓によるいちご鼻』を引き起こしてしまう恐れがあります。

また、毛抜きで毛を抜く時には肌も傷付けてしまうため、オススメできません。

鼻パック

鼻パックは、毛を取ることではなく角栓を取ることを想定した商品です。
そのため、そもそも『産毛によるいちご鼻』にはあまり適していない処理方法になります。

また、鼻パックも『毛抜き』と同様に、無理やり角栓を取ることになるので、毛穴が大きく広がってしまうため、使用後に『角栓によるいちご鼻』を引き起こしてしまう恐れがあります。

そして、鼻パックは必要のない部分も引っ張ることになるので、毛をピンポイントで引っ張る毛抜きよりも肌へのダメージが大きくなる処理方法といえるでしょう。

毛抜きよりも手軽で、一度に多くの毛穴を処理できるのは魅力的ですが、使用したあとの肌のことを考えると、あまりオススメできないNG処理方法です。

カミソリ

カミソリは、肌から出ている毛だけしか剃れない上、肌に直接刃が当たるため、肌を傷つけてしまいます。

また、鼻は鏡を見ながらでないと剃れない上に凹凸が多いため、カミソリの刃で肌を傷つけてしまう危険もあるので、カミソリでの処理はやめておきましょう。

毛穴から生えた毛が気になるのであれば、カミソリではなく電気シェーバーを使うことがおすすめです。

除毛クリーム

除毛クリームは、アルカリ性のクリームを使用して、タンパク質である産毛を溶かすことで処理する方法です。

こちらも毛抜きと同様に『毛そのもの』に作用するので即効性はありますが、肌のタンパク質も同時に溶かしてしまうことになります。

毛を溶かすほどの刺激を肌にも与えてしまうことになるので、除毛クリームでの処理は一番オススメできないNG処理方法です。


4つのNG処理方法をまとめましたが、どれも肌にダメージを与えてしまうおそれがあります。
そして、一時的にはいちご鼻を解消できても、肌環境が悪くなることで今よりも状態が悪化することになりかねないので十分注意してください。

ゆっくり時間をかけて自然に産毛が抜けるような肌作りを心がけ、いちご鼻が解消されたあとの肌まで考えた処理方法を行うことをオススメします♪

鼻の毛穴の産毛は正しい方法で自己処理しよう!

鼻の毛穴から生えた毛について解説してきましたが、いかがでしたか?

いちご鼻は『角栓』のほかに『産毛』が原因でもできてしまうことがあり、それぞれ対処法は違ってきます。

産毛によるいちご鼻は、正しい『角栓のケア』『肌のケア』『毛穴のケア』を行うことで、自分でも治すことができます。

完全に治すためには少し時間がかかりますが、肌にダメージを与えずいちご鼻を治すことができるのでぜひこの方法を試してみてください。

また、即効性のある『毛抜き』『鼻パック』『カミソリ』『除毛クリーム』は、一時的には効果がありますが、肌に大きなダメージを与えることになり、使用後に『角栓によるいちご鼻』を引き起こしてしまうおそれがあるためオススメできません。

正しいいちご鼻の毛の処理方法を行い、キレイな鼻を手に入れましょう!

鼻 毛穴 毛,いちご鼻 毛が生えてる

毛穴トラブルに悩んでいる中、よくみるといちご鼻や開いた毛穴から毛が生えている!なんてことが起こります。
そんな時、毛を抜いていいのか、抜いたら症状が悪化するのではないか、わかりませんよね。

そこで今回は、毛穴トラブルが起こっている毛穴から生えてきた「毛」について解説します。

鼻の黒ずみは黒色の産毛が原因の場合も

鼻の黒ずみの原因のほとんどは皮脂、古くなった角質が混ざり合って生成される角栓が酸化したものです。
お手入れは食生活、正しい洗顔、スキンケアなどを通じて肌の再生化を促すことが重要です。

この角栓が原因で鼻に黒ずみがある人は、ほとんどの場合で触ったときにザラザラしている特徴があります。
これは角栓の先端が突き出ているためにザラザラした感触になっているのです。

これとは対照的に、黒ずみができているにも関わらずザラザラした感触がないタイプのかたもいます。
このような場合、角栓が原因ではなく、他の原因で黒ずみができている可能性があります。

その原因のひとつが「産毛」です。

この産毛が原因で黒ずみに見えてしまう場合があります。
黒ずみケアにおいては、まず黒ずみの原因を突き止めることが必要で、ご自身の鼻を触って、さらに鏡でも確認してみることをおすすめします。

短いのに濃い色をしているから目立ってしまう産毛

どうして産毛が原因になるのかと感じる人もいると思いますが、鏡で鼻周辺の産毛を確認してみるとよくわかります。
顔全体の産毛とは異なり、毛そのものが短いのに、濃い黒色をした産毛が生えているのがわかると思います。

産毛とは言え、濃い黒色の毛が生えているので、遠く離れたところから見て、黒ずみのように見えてしまうのです。
日常的にはメイクのお陰で上手に隠せていたとしても、素肌だと目立つようになります。

しかし、肌のサイクルが悪いときに出来る黒ずみとは違って、産毛の場合は脱毛することで解決することが可能です。
このような症状の人は、一度脱毛することをおすすめします。

鼻パックでは産毛はすべては抜けない

鼻パックを使っている人は、このような産毛の存在に気がつくことがあると思います。
鼻パックの後は、シートに角栓だけでなく産毛も抜けいて、それらの産毛は思いのほかに濃い黒色をしているというのがわかります。

日常的に鼻パックをしている人は、鼻パックさえすれば角栓も産毛が取り除けるので便利だと思うかもしれません。
しかし、鼻パックを使っても産毛はすべて抜けるわけではありません。
やはり、産毛には産毛に対応した専用の対策が必要です。

さらに、鼻パックは手軽ではあるものの、肌へのダメージが大きいため、使いすぎると、肌の再生化がうまくいかずに角栓ができてしまい、その結果、さらに黒ずみが増えてしまう可能性があります。

鼻の黒ずみの原因、産毛の処理の仕方

鼻 毛穴 毛,いちご鼻 毛が生えてる
産毛が黒ずみの原因になっている人は、産毛をどのようにして手入れすればいいかを考える必要があります。
産毛の処理方法は大きく分類すると、プロに依頼するか自分で処理するかのふたつになります。

プロに任せる場合は、エステサロン、クリニックで脱毛、理容室でシェービングなどがよく使われる方法です。
自分で処理する場合は、毛抜き、シェバー、抑毛ジェルなどが一般的です。

これらの処理方法にはメリット、デメリットがあり、まず始めにそれぞれの処理方法のメリット、デメリットをしっかり確認してから、産毛処理に取りかかりましょう。

それぞれの処理方法を理解しないままに取りかかると、後悔してしまう結果になる場合もあります。

普通に生えている産毛は毛抜きやシェーバーで脱毛可能?

普通に生えている産毛の場合は、毛抜きやシェーバーを使って処理が可能です。

カミソリで処理する方法もありますが、鼻の形によってはお肌を傷つけてしまう場合もあり、鼻には目に見えないデコボコの穴があるため、カミソリではなかなか簡単には処理できません。

毛抜きを使う場合は、気になったときに手軽に処理が可能です。
シェーバーを使う場合は鼻全体の産毛を短時間で処理することが可能です。

このようにカミソリ以外の方法であれば、自分で処理する場合でも手軽におこなうことができます。

産毛がなくなるだけで、これまで気になっていた黒ずみが解消されるケースもあり、鼻の黒ずみが気になっている人は、まずは手軽に始められる自分での産毛処理を試してみるといいでしょう。

自分では処理できない埋没した産毛

他人の目を気にすることなく出来るのがメリットでもある自己処理ですが、やはりデメリットもあります。
なかでも毛抜きを使った処理は注意が必要です。

強引に毛を抜いてしまうことで皮膚がダメージを受けて、その結果、かさぶたができてしまいます。
そのかさぶたが蓋になって皮膚の下で産毛が伸びてしまいそのまま埋没することがあります。

このように埋没した毛が表面から透けて見えてしまうことで、これまで以上に目立つ場合もあります。

さらに、毛を抜く際に皮膚を刺激し、メラニンを増やしてしまいそのメラニン色素が原因で黒ずみが出来てしまうこともあります。

毛抜きやシェーバーでも限界がある産毛処理

毛抜きやシェーバーでの産毛処理は、気軽であることがメリットですが、毛が埋没するデメリットもあるため、かえって脱毛しずらくなると思う人もいるでしょう。

やはり鼻は複雑な形をしているため、簡単には処理できず、剃り残しも起きてしまいます。
そのため、何度も毛抜きを使って脱毛しようとして肌に負担を与えてしまいます。

鼻の産毛はとても短く、毛抜きでは掴めず限界があります。
先が尖った毛抜きで抜こうとすると、つい指で鼻に力を入れてしまい、これが肌を傷つける原因になることもあります。

鼻の産毛を自分で処理する場合はこれらに注意しましょう。

フェイシャルケアで上手に脱毛!

産毛を自分で処理するのが難しいと思う人は、思い切ってプロに任せるという方法もあります。
脱毛はエステサロンやクリニックが専門と考えてしまうかもしれませんが、いつも利用しているような理容室でもフェイシャルケアコースなどで顔の産毛剃りをしてくれる場所もあります。

プロによるシェービングは、鼻の産毛だけでなく、剃り残しなく顔全体の産毛を綺麗にしてくれます。
なにより安心してお願いでき、埋没毛などの心配もなくなります。

さらにクリニックで永久脱毛をすれば、産毛による黒ずみで悩む心配が解消されます。
自己処理は手軽にできるものの、安全性などを考慮するとプロに任せることもおすすめです。

抑毛ジェルを有効に使う

カミソリ、毛抜き、シェーバーで産毛処理するのはなかなか難しいものです。
難しいものの、人の目を気にすることなく、自分の都合で処理できるというのはひとつのメリットです。

そんな自己処理のなかでも「抑毛ジェル」はおすすめです。
抑毛ジェルであれば塗るだけという手軽さで、カミソリのように肌を傷つける心配もありません。

そして埋没毛も気にしなくて済みます。
抑毛ジェルの成分によっては、肌に負担をかけてしまうと懸念する人もいると思います。

しかし、市販されている抑毛ジェルのなかには、子どもにも安心して使える抑毛ジェルもあり、肌に優しい商品も販売されています。

抑毛の結果、鼻の黒ずみを解消した経験談

クリニックで脱毛処理を受け、いちご鼻を卒業したという声を聞くことができました。
そのかたは小鼻脱毛をしてくれるクリニックを探したものの、なかなか出会えなかったようです。

なぜなら、クリニックやエステサロンはデコボコしている鼻はレーザー光が照射しづらく、高度な技術が必要なため施術しない傾向があるためです。

しかし、あるクリニックを見つけ施術を受けたところ、1回の施術でいちご鼻が解消されたらしく、その効果の高さに驚いたそうです。
クリニックなどで永久脱毛をする場合は複数回の施術が必要ですが、いちご鼻の解消であれば1回の施術で効果が見込めるようです。