Pocket

加齢とともに肌質や毛穴のトラブルは変化していきますが、40代の肌は特に、今までとは違った症状が現れやすい時期です。
いつもどおりのスキンケアを行っていても「毛穴が気になる」「毛穴をカバーし切れない」といった症状を感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、40代特有の毛穴トラブルの原因や対策をまとめてご紹介していきます。
現在進行形で悩んでいる方はもちろんのこと、将来のための知識を身につけたい方にも役立つ内容です。

40代に多い毛穴トラブルは「たるみ毛穴」

たるみ毛穴とは、肌のたるみに引っ張られて毛穴が縦に伸び、たるんでしまう肌トラブルです。
早ければ30代後半から、多くの方は40代から、肌全体のハリが衰えると毛穴のたるみが表れ始めます。

特に頬や眉間、小鼻など、皮膚が柔らかくたるみやすい位置に起こるので、日頃からケアしておきましょう。

たるみ毛穴の原因-たるむと毛穴が開くのはなぜ?

たるみ毛穴の原因は、大きくわけて以下の3つです。

肌の乾燥
加齢によってセラミドやコラーゲンなどの潤い成分が失われ、水分量が低下すると肌が乾燥してキメが悪くなり、毛穴が目立つ状態になります。

皮脂の過剰分泌
肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されます。
過剰分泌された皮脂は毛穴を押し広げ、たるみ毛穴の原因になります。

加齢による肌のたるみ
肌から潤い成分が減少すると、ハリが失われて顔全体がたるみます。
顔の肌がたるんだ結果、毛穴が開いて目立ちやすくなります。

もともと毛穴が開き気味(開き毛穴)で、加齢と共に肌と毛穴がたるむ方もいらっしゃいますが、たるみ毛穴も開き毛穴も根本の原因は同じです。

毛穴ケアは基礎化粧品によるスキンケアで毛穴の開きやたるみをストップ

たるみ毛穴の原因である肌の水分不足を解消するためには、基礎化粧品での保湿が欠かせません。
化粧水と美容液を朝晩の洗顔後に塗ることはもちろんですが、コスメの選び方や使い方にも注意すると、より効果的なスキンケアが可能です。
ぜひ実践してみましょう。

化粧水は2度塗り&パックで効果アップ

40代の肌は保水力が弱まっています。
肌が乾燥していると、肌を保護するために皮脂が過剰に分泌されるので、洗顔後はすぐに化粧水をつけて保湿しましょう。
浴室で洗顔する場合は、洗いあがりに軽く化粧水を付けておくと、お風呂上りに顔がツッパリません。

なお、化粧水は、2~3分程度の間隔を開けて重ね塗りすることをオススメします。
その理由は、1度では浸透なかった成分が肌の深部へ馴染むからです。
お風呂で洗顔してから入浴する場合は、浴室から出てすぐに2度目の化粧水を塗ると、ほぐれた肌によく浸透します。

また、時間のある時は化粧水とコットンを使った毛穴パックを行いましょう。
毛穴パックの方法は、小鼻や頬、おでこや眉間など、たるみ毛穴の気になる部分に化粧水を浸したコットンを乗せて、10分ほど放置するだけです。
可能であれば、鼻や目を塞がないように上からラップを被せておきましょう。
ラップが蒸発を防ぎ蒸らしてくれるので、効果アップが期待できます。

美容液はマッサージも合わせて行おう

美容液はただ顔に塗り広げるだけでなく、マッサージも行うことで、毛穴トラブルの改善に効果を発揮します。

マッサージをする際は、下がってきた顔のパーツを持ち上げるように、下から上へ5本指の腹を使うことがポイントです。
横方向のマッサージは顔の中心から外側へ向かって行うと、リンパに溜まった老廃物の排出を促します。

リンパの詰まりは顔のむくみやターンオーバーの乱れを引き起こすので、たるみ毛穴に悪影響を及ぼします。
日頃のマッサージで、できるだけ解消しておきましょう。

美容液の肌なじみが良くてマッサージ中に指が滑らない場合は、化粧水をつけると滑りが良くなります。
マッサージ用の専用クリームを用意しなくても気軽に取り組めるので、ぜひ継続してみてください。

40代は鼻の黒ずみも溜まりやすい!

鼻の黒ずみ毛穴は治すよりそっとしておく

鼻の毛穴に皮脂や角質が蓄積すると角栓になり、角栓が酸化すると黒くなって毛穴が目立ちます。
この状態を「黒ずみ毛穴」と呼びます。
黒ずみ毛穴は改善が難しく、一朝一夕のスキンケアではキレイになりません。

すぐにキレイにならない理由は、黒ずみ毛穴の原因が「皮脂の過剰分泌」と「ターンオーバーの乱れ」にあるからです。
皮脂が過剰分泌されると角栓ができやすく、ターンオーバーが乱れていると角栓が毛穴に残ってしまうので、徐々に酸化して黒くなり、毛穴が目立ちます。
従って、黒ずみ毛穴を改善するには、皮脂の分泌を抑えてターンオーバーを促進するための保湿ケアが非常に重要です。

ただし、ターンオーバーの周期は約1ヶ月~2ヶ月と長い上、黒ずみ毛穴の改善には何度もターンオーバーを繰り返す必要があります。
保湿ケアを見直しながら、数ヶ月から1年ほどの長期スパンで改善を目指しましょう。

「とりあえず黒ずみ毛穴を隠したい」という方は、カバー力が高いリキッドファンデーションやカラー下地で隠すと効果的です。

なお、クレンジングやピーリングなどで詰まった角栓を取り出す方法もありますが、肌への負担を考えると40代のスキンケアにはオススメできません。

洗顔やクレンジングコスメを見直そう

黒ずみ毛穴の改善には、洗顔やクレンジングコスメの見直しも重要です。
基礎化粧品と同じように、洗顔フォームやクレンジングコスメの成分にもこだわると、汚れの落ち具合や使用後の肌の状態が格段に良くなります。

クレンジングコスメは、天然成分由来の成分を配合したものが低刺激でオススメです。
また、メイクオフ効果もしっかりと発揮するので、幅広い年代から支持されています。
なお、安価なクレンジングコスメは、石油系の成分が肌にダメージを与えてしまうので、なるべく避けるようにしてください。

クレンジングコスメを使う時は、たっぷりと手にとって優しく撫でるようにメイク汚れと馴染ませることがポイントです。
水クレンジングやミルククレンジングなど、コットンで拭き取るタイプの場合は、つい力を入れてこすりがちなので、特に気をつけましょう。
メイクが濃い部分に使用する際は、クレンジングコスメを手に付け、しばらく抑えた状態で馴染ませましょう。
肌に負担をかけずにキレイにメイクを落とせます。

一方の洗顔フォームは、美白効果やニキビ対策など様々な用途の製品が販売されています。
毛穴トラブルが気になる40代の方は、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、オーガニック系の保湿成分が配合されている洗顔フォームを使用しましょう。
特に「洗顔すると肌がつっぱる」という方は、洗顔フォームの見直しが必要です。
(使用している洗顔フォームが肌に合っていない可能性があるので。)

ただし、肌質や好みには個人差があるので、お試しサイズなどを購入して、自分にマッチしたアイテムを探してみましょう。
早ければ2~3日で肌の調子が良くなり、数ヶ月で徐々に肌のキメや代謝が整っていくはずです。

化粧で毛穴を隠す!40代のメイクのやり方

ファンデーションで毛穴カバーはできる?

最近のファンデーションはとても高性能で、ひと塗りするだけで毛穴の凹凸を隠します。
しかし、メイクをしてお出かけしてから、どれくらいファンデーションのカバー力が持続するのでしょうか?

実は、どんなに高価なファンデーションでも、ただ塗っただけでは2~3時間で毛穴落ちや毛穴浮きの症状が現れます。

毛穴落ちとは、たるんだ毛穴に粒子が溜まり肌の凹凸が強調されて見えることです。
毛穴浮きとは、毛穴から出る皮脂がファンデーションの粒子を乳化させて、部分的な変質や変色を引き起こすことです。

せっかく毛穴隠しにファンデーションを塗っても、数時間で毛穴が目立っては元も子もありません。
現在はナチュラルメイクの方も多くいらっしゃるので、極端に毛穴が目立たないのであれば、ノーファンデでも良いでしょう。

上手にファンデーションを使いこなして、少しでもたるみ毛穴を解消していきましょう!

毛穴をカバーするファンデーションの特徴

肌の悩みに合わせていろいろなタイプのファンデーションが販売されていますが、毛穴の悩みを解消するファンデーションには、スキンケア効果が備わっていることが多いようです。
スキンケア効果のあるファンデーションを使えば、メイクをしながら肌をいたわる事ができるので、たるみ毛穴の改善に大きく貢献してくれるでしょう。

また、スキンケアファンデーションのテクスチャは、リキッドやクリームのような重いタイプから、パウダリーな軽いタイプまで幅広い点が特徴です。
好みに合わせてテクスチャをセレクトできるので、スキンケアに取り入れやすいと言えます。

テクスチャ毎の特徴としては、パウダータイプは比較的薄付きで、透明感のある肌を作りやく、化粧直しをしやすい点が挙げられます。
リキッドやクリームは、カバー力が高めで保湿力も高い製品が多いのですが、その反面ヨレや塗りムラが起こりやすい点がデメリットです。

毛穴対策メイクでは化粧下地が重要な役割!

たるみ毛穴をカバーするためには、ファンデーションと同様に下地の質と塗り方も重要です。
化粧下地には、毛穴の凹凸を平らにする効果と、メイク中に分泌される皮脂を吸収して毛穴浮きを防止する効果があります。
従って、ファンデーションの効果を十分に発揮するためには、化粧下地の使用が欠かせません。

化粧下地も様々なタイプが登場していますが、たるみ毛穴の改善には、マットな質感で毛穴の凹凸をカバーする効果と吸脂作用のあるタイプが適しています。
軽いテクスチャのファンデーションと合わせる場合には、BBクリームなどのアイテムを利用しても良いですね。

ひと手間かけて下地作りを行うと化粧持ちが格段にアップするので、40代の毛穴トラブル対策には欠かせない工程と言えます。
今までファンデーションの単品使いがメインだった方は、ぜひ化粧下地を利用しましょう。

表情筋を引き締めて頬の毛穴レス

たるみ毛穴の根本的な解決や予防を目指すのであれば、顔の表情筋を引き締めることも忘れてはいけません。
顔の表情筋とは、おでこから目元、頬、口周りまで顔全体を覆うように各部についている筋肉のことです。
喜怒哀楽によって動く筋肉であるため、表情筋と呼ばれます。

表情筋は顔のパーツを動かすだけでなく、肌のリフトアップ効果も担う筋肉です。
ただし、身体の筋肉と同じくエイジングによって衰えます。
表情筋が衰えると、皮膚が重力に逆らえずたるむので、日頃から表情筋を鍛えておきましょう。

具体的には、口角や眼球、眉を動かす表情筋トレーニングを続けると、衰えがちだった筋力が回復し、たるんだ皮膚と毛穴が持ち上がります。
しかし、表情筋トレーニングをすると奇妙な表情になるので、恥ずかしさを感じるかもしれません。
「少し恥ずかしいな」という方は、浴室や洗面所など一人になれる空間を利用して、継続すると良いでしょう。
慣れるまでは鏡を見ながら、パーツがしっかりと動かせていることを確認しながら行ってくさい。

40代の毛穴ケアは正しい知識と継続が必要!

たるみ毛穴が気になり始めたお肌は、積年のダメージが溜まり、疲れきった状態です。
スキンケアに即効性を求めるのではなく、蓄積した肌ストレスを少しずつ回復し、調子を整えるよう心がけましょう。
焦りは肌への不必要な刺激や心身のストレスを生み、毛穴トラブルにも影響を与えます。

40代の肌に重要なポイントを見極め、継続したケアでたるみ毛穴の改善を目指していきましょう!